• 中川順平

劇作家・高橋正圀という人

作家高橋正圀氏のインタビューがあった。

 「表現するということ」…劇団に入ってくる人は多くないけれど、表現活動をしたい人は増えている。職のない若者が多い中で、芝居という職をもっている、表現することができるというのはいいことだと思う。物事を「考える」うえで「表現すること」が実は重要な手立てになると思うのです。それに気づくといい。


高橋さんが劇作家を目指したのは、やはり自分を表現したかったからですか?

 自分を表現するというより、人を笑わせたい、楽しませたかったんだ。それが幸せだと思うから今もやってるんじゃないかな。脚本(台本)というのは未完成で、芝居になって初めて完成品になるんだと思う。その間にいろんな人の「表現」が集まるわけで、それが面白いんじゃないかな。


一貫して喜劇を選んできたのですか?

 喜劇と云うよりユーモア劇かな。師匠の山田洋次監督に「高橋君、日本の笑いはね、涙とセットでないと受け入れられないよ」と言われたことは非常に印象的だった。

日本人にチャップリンは受けても、バスター・キートンはあまり受けなかった。

それは「涙」無しだったからねえ。


高橋正圀:1943年(昭和18年)生まれ。山形県米沢市出身。シナリオ作家協会・研究所終了後、山田洋次氏に師事。

14回の閲覧

最新記事

すべて表示

昨日の稽古報告

のところ、家族のご不孝、ご自身の病気(風邪、腰痛など)で、稽古がなかなか揃ってできず、代役人の稽古が続く、演出も忸怩たる思いで、来ているメンバーだけがより深く稽古できるシーンを、繰り返しやる。まあ、これも必要なことで、過去の稽古でもここまで密にできたこともなかったような気がする。 ただ気を付けないといけないのが、稽古できてる人と欠席でできていない人に差が生じて、後(うしろ)に引っ張られることだ。す

役者ほど素敵な商売はない(2)

読み終えた、市村正親のこのタイトルの本を。中でも本にアンダーラインを引いたところを紹介しよう。おそらく役者をしている人が、疑問に思ってることやどうしたらいいか分からないままのことなんかの回答になれば幸い。 芝居はすべて〝見る”ことから始まっていると思う。役者は目と目でものが言える。目と目で支え合える。やっぱり“見る”ことは、とても大切なんだよね。…実感する言葉だあ。 あえて役者が力を半分におさえて

「役者ほど素敵な商売はない」市村正親…新潮社刊

昨日の朝日新聞朝刊にこのタイトルの著書紹介が載っていた。私の会社の1階に 「柳泉書房」(元三宮にあった。店主の祖父が立上げ神戸でも有名な書店、垂水に移ってきたのが昨年。以来懇意にさせてもらっている)がある。店主に「今日新聞で見た、このタイトル入ってる?」に即答で、「電話あるかと思い用意してあります」と。 カバーをつけてもらい、秘かに読みだした。私のクセで本にアンダーラインを引いていく、昨日は板宿で