• 中川順平

あの役者、素人?これに金払うの?


以前、制作の宏昭がブログで言ったように「役者が混載なんですね」ではいけないと俺は思う。

この作品、15人の役者がレベルも揃って、貫通しないとやはり有料の芝居といえない。

ボランティアだといいが、有料だけに足引っ張ってしまうのはありえない。

「今回、新人がでてるんですよ」とか

「まだ舞台経験薄いのでえ」とか

「あまり稽古できてないんですよ」とかの言い訳は有り得ない。

再度、各人が自分の役を期待以上に仕上げてこないと、

いつまでも「新人です…」

「仕事で稽古あまりできなくて…」

なんてエクスキューズは止めてくれ。

3000円もらう覚悟できてますか?

そんなこと、他の劇団ならいざ知らず、うちの劇団では有り得ない。

「あの役者、素人?」…言われても仕方ないではいけないのです。

舞台経験豊富だから…ではいけないのです。

役をしっかり演じてくれないといけないのです。

自分の独りよがりで、これでいいのではいけないのです。

それぞれが役に工夫があり、役になりきり、オリジナルな表現をもってしてやならいと、

以前と同じでワンパターンな演技の羅列ではいけないのです。

前の役と同じやん、ではいかんのです。

だから「金返せ!」と言われるんです。

自分がこれをいうというのは、自分にも今も覚えがあるから自戒を込めて言っています。

わからなければ、客観的に芝居を組み立てている、演出に聞く、

相手役に聞く、

見ている人に聞きまくる、

ちょっと経験があるだけで、

さほど的確な演技でないまま、

お茶濁している演技、役者、

再度再考です。

自分を棚卸しましょう。

自分に甘えて、いつもエクスキューズするのは止めましょう!!


75回の閲覧

最新記事

すべて表示

わが家の客 作・喩栄軍

須永克彦氏の偲ぶ会の折に、案内されていた神戸学院大学グリーンフェスティバル公演に行ってきた。中国現代劇「2018年中国演劇ベストプレイに輝く喩栄軍の最新作と紹介の作品である。 中山文さん(神戸学院大の准教授)の翻訳により、伊藤茂(同大教授)が台本化した作品、中山さんはこの戯曲を最初読んだとき、何回も泣いたという。是非これを日本で上演したいと切に思ったと。 静かに幕開き、500人ほど入るホールに観客

葬儀の跡に花を咲かせたい

ブログ久しぶりに読んでみると、制作部長の乾宏昭がやたら好き放題なことを書いてる。まあ、的も得てるし許せる範囲だと思いながら、いささか物足りないので追加補修しておきたい。 宏昭は、かっての仕事仲間、よく気が付くし任せた仕事はなんとも最高に仕上げてくる。だから自分で仕事やってもおそらく高いレベルの仕事をする奴だと思う。 だいたいの人間は「これでいいですか?」とか「この先どうすればいいですか?」とか聞い