• 順平

昨日、友人が東京から稽古を観に…


昨日は寺で稽古、欠席者3名、代役ばかりで稽古にならんが仕方ない。でもこの寺の稽古って、空気感からしてこの芝居にぴったりだから、なんか乗ってしまう。楽しい稽古、である。

昨日は東京から友達が稽古を観にきた、徳島で仕事があるのでそのついでもあって。

しかし彼はもう20年以上前からよく私の家に泊まり、神戸に来てはあちこち散策したり、一緒に高知の会に行ったり、なんか年は一回り程下だが気があう。

もともとは、前の会社で同じ部署で働いていた、そして趣味が読書、いろいろ紹介し合った。そしていつしか、本の事業を一緒にやろうと本社に新規事業の提案をした。

仲間も集めて6人で。結果その年のグランプリを受賞、100万円もらった。その提案は事業化され、いま本屋で「ダヴィンチ」という月刊誌になり売られている。

本来なら提案者が事業部長になる不文律なのだが、次の人事で私は人生で経験したこともない部署に、責任者として赴任させられた。その部署がむしろ人生の考え方を変えたと言っても過言ではない。

話しが逸れたが、そんな当時の仲間が、芝居(毎年東京から観にきてくれる律儀な男なのだが)稽古を観たいと来た。

終って板宿で劇団の数人と居酒屋へ。実は彼は誰とも友人になれる人間で、バリアーな雰囲気がない、だから年齢関係なくすぐ友人になる。昨日も旧知の間柄のようにみんなと騒いでる。とくにあの立正寺の住職、中山浄敬氏と早速宗教や哲学論をやっている。おもしろい奴である。

「芝居、どうやった。感想は?」に「まあ、5月26日の最後の日に観に来るのが楽しみだとだけ言っておきます」と意味深なことを言った。

そして垂水に帰ってきた。そこでも「もう一軒いくかあ?」で近くの居酒屋で。そこでは家の者も合流し、またわいわいと。彼の最終バス(徳島行)まで飲んだ。

彼に、今日の稽古で文章の間違いを2か所指示された、ひとつは忘れたが、ひとつは「あの山本の言う『煮詰まっちまったなあ』とは間違いのセリフではないですか?と。表現上間違ってるのでは?と…の指摘。なんとも台本も見ずにずっと聞いていたのである。さすが東大法学部出身、今ある会社の法務部の部長さんだけある、記憶力と知識、ハンパないのだ。こちとら、指摘されたことの意味もわからんのに…。

夜、寝てるとそこにメールが。「今日は楽しかったです。今徳島につきました。また来ます」と。最後までなんとも良くできた男、人間である。(J)


40回の閲覧

最新記事

すべて表示

わが家の客 作・喩栄軍

須永克彦氏の偲ぶ会の折に、案内されていた神戸学院大学グリーンフェスティバル公演に行ってきた。中国現代劇「2018年中国演劇ベストプレイに輝く喩栄軍の最新作と紹介の作品である。 中山文さん(神戸学院大の准教授)の翻訳により、伊藤茂(同大教授)が台本化した作品、中山さんはこの戯曲を最初読んだとき、何回も泣いたという。是非これを日本で上演したいと切に思ったと。 静かに幕開き、500人ほど入るホールに観客

葬儀の跡に花を咲かせたい

ブログ久しぶりに読んでみると、制作部長の乾宏昭がやたら好き放題なことを書いてる。まあ、的も得てるし許せる範囲だと思いながら、いささか物足りないので追加補修しておきたい。 宏昭は、かっての仕事仲間、よく気が付くし任せた仕事はなんとも最高に仕上げてくる。だから自分で仕事やってもおそらく高いレベルの仕事をする奴だと思う。 だいたいの人間は「これでいいですか?」とか「この先どうすればいいですか?」とか聞い