• 順平

芝居、演劇、舞台…


いろんな言い方があるが、芝居、というのがどうもしっくりくるなあ。演劇っていうのは、どうも仰々しい表現だし、なんか借り物みたい気がする。舞台というのも、ピンとこないなあ。やはり芝居してる、芝居やってる、芝居はおもしろい、芝居…の方がなんか貧乏くさくて私には合ってるような気がする。

もともと出雲の阿国が京の河原で…なんて聞いたことがあるが、定かではない。5年ほど前にその出雲の阿国の墓参りをしたことがある。東京からの仲間が出雲に行く、来ないかというので、神戸からバイクで一人で出かけた。そして出雲大社の前の旅館、ある有名な歌手の家(竹内まりあの実家 竹野屋旅館)、その実家だが、10人ぐらいで泊まった。出雲大社参詣のあと夜はお決まりのどんちゃん騒ぎ、近くのコンパニオン会社に派遣を頼んでいたら、3人、化粧の厚い50歳ぐらいの女性が来た。「さっきまで葱の収穫してたんよ」って言っていた。農家のおばさんのアルバイトだ。しかしそれがなんとも人を乗せるのがうまい、みんなわいわいと歌っている。楽しいことこの上ない。そんな夜が更けていった。

翌日、みんなは銀山やら宍道湖やら観光、私は一人バイクで周辺を探索、すると出雲大社のすぐ近くに「阿国の墓」と案内がでている。線香も何ももっていないが、まあ役者の端くれ、気持ちだけでも役者くづれになれるかと、参りに行った。この地の大きな墓園であった。その墓から大社にたなびく大きな日本国旗が見えた。当時、どんな風景だったのだろうか、阿国は何故にこの地を捨て放浪にでたのか、なんて思いを馳せて参りをした。今思ってもあまり効用はなさそうだが、まあ役者、芝居ってのは、個人の心意気なところが大きな要素だから、参ったぐらいではね、そんなうまくなれるわけないかあ。

帰り、足立美術館に立ち寄った。横山大観の本物の絵が多数展示してあった。その迫力たるや「美術愛好家が一番行きたい美術館連続10数年一位」であるだけの内容であった。

創られた美術館の気がしたが、もっと純朴素朴であったらいいとおもったが。なぜなら田圃の真ん中にあるだけに。芝居っていう言葉から、島根まで飛んでしまった。(J)


37回の閲覧

最新記事

すべて表示

わが家の客 作・喩栄軍

須永克彦氏の偲ぶ会の折に、案内されていた神戸学院大学グリーンフェスティバル公演に行ってきた。中国現代劇「2018年中国演劇ベストプレイに輝く喩栄軍の最新作と紹介の作品である。 中山文さん(神戸学院大の准教授)の翻訳により、伊藤茂(同大教授)が台本化した作品、中山さんはこの戯曲を最初読んだとき、何回も泣いたという。是非これを日本で上演したいと切に思ったと。 静かに幕開き、500人ほど入るホールに観客

葬儀の跡に花を咲かせたい

ブログ久しぶりに読んでみると、制作部長の乾宏昭がやたら好き放題なことを書いてる。まあ、的も得てるし許せる範囲だと思いながら、いささか物足りないので追加補修しておきたい。 宏昭は、かっての仕事仲間、よく気が付くし任せた仕事はなんとも最高に仕上げてくる。だから自分で仕事やってもおそらく高いレベルの仕事をする奴だと思う。 だいたいの人間は「これでいいですか?」とか「この先どうすればいいですか?」とか聞い