• 中川順平

もの言わぬ演技こそ…


リアクションは演技の大切な生命線の一つだ。相手役お構いなしに一人で勝手に演技する俳優ほど始末に負えないものない。(山崎)

これは山崎努の「俳優のノート」のなかの一節だが、味わい深いので再度書く。

逆に言えば、リアクションがとれない役者は退場すべきである。リアクションはモノ言わない時間、相手役やまわりの役者が動き語り、ある方向に動き出したときに、何をどうすればいいのかわかっておらず、自分はセリフがないし目立たないから後ろの方で、さも芝居の流れにそってそれらしい顔をして立っている、そんな役者が結構いる。正直、邪魔だというか、そんな役者は要らない、退場して出演していない方が芝居全体が助かる…。

いうならば、台本を深く読みきっていない、自分の役割をわかっていない、表現が拙い、とてもお金いただくなどと言えるレベルでない、そんな程度で、さもリアクションしているような顔や動きをして、参加していますよなんて言ってる役者のことです。

セリフに対する反応、リアクション、それはセリフの背景にある意味、全体の中の意図するセリフの軽重をしらないとリアクションなど取れないもの。勝手にやると芝居自体ぶち壊してしまうぐらい罪作りな動きやリアクションになる。

だから役者はセリフが多いとか少ないとかの問題でなくて、芝居の流れに乗ってなくて、要は理解できていなくて、自分のセリフや動きのときに、決められたことだけをする、それで責任はたしているつもりの芝居はやめようと。

あるサッカーの名監督が、選手を選ぶ時に、「ボールが来ていないときに、いかに次の動きに備えて準備しているか、動いているか」で決めると言ったが、まさに同じ。要は身体を動かすのでなくて、神経と頭の中をフルに動かすのだ。そして的確にセリフのない表現を相手に返すのだ。

理屈や理論ばかりが横行し、さも評論家的なのはいっぱいいるが、基本のこのリアクションができないと舞台に立てない、それが芝居、それがアンサンブルである。

だから、ひとときも気が抜けないのだ。身内でエクスキューズばかりしてるような芝居が横行してる傾向に一石を投じておく。(J)


94回の閲覧

最新記事

すべて表示

わが家の客 作・喩栄軍

須永克彦氏の偲ぶ会の折に、案内されていた神戸学院大学グリーンフェスティバル公演に行ってきた。中国現代劇「2018年中国演劇ベストプレイに輝く喩栄軍の最新作と紹介の作品である。 中山文さん(神戸学院大の准教授)の翻訳により、伊藤茂(同大教授)が台本化した作品、中山さんはこの戯曲を最初読んだとき、何回も泣いたという。是非これを日本で上演したいと切に思ったと。 静かに幕開き、500人ほど入るホールに観客

葬儀の跡に花を咲かせたい

ブログ久しぶりに読んでみると、制作部長の乾宏昭がやたら好き放題なことを書いてる。まあ、的も得てるし許せる範囲だと思いながら、いささか物足りないので追加補修しておきたい。 宏昭は、かっての仕事仲間、よく気が付くし任せた仕事はなんとも最高に仕上げてくる。だから自分で仕事やってもおそらく高いレベルの仕事をする奴だと思う。 だいたいの人間は「これでいいですか?」とか「この先どうすればいいですか?」とか聞い