• 中川順平

あれっ?NHKの「なつぞら」で昨日の稽古と同じシーンが…


昨日の道化座での稽古、4場、ほとんど細かくやっていない、こりゃ、時間かかるわあ、と思っていたら、なんと2回通したが、これがなかなか出来がいい。

前日の演出からのラインメッセージが効いたのかもしれない。「台本はもつこと許さない」「各人がしっかり考えて稽古に臨むこと」…と。稽古の中でのだめだし、「それは単に役としてしゃべっているだけ、役を演じていない」と厳しい指摘が何度かあったが…。

で、今日の朝。広瀬すずが農業高校の演劇部で演出家から指摘をうける。「魂がこもっていない」「役を演じていない、それは形だけだ」と。何度も言われる、確かにそのような演技をしている。しかしテレビの後半、彼女はその意図するところを理解し、見事にこなす、涙も流す、それも自然に…なんていう女優だあ、と思った。見事にへたなときと、うまいときとを表現する、流石NHKの朝ドラの主役するだけの女優である。20才だった。

この朝のシーンで演劇部がにわかに脚光浴びてきている。おもしろい。みんなうまい。「俳優のノート」で山崎努がいう「俳優の俳優たるゆえんは、役を通して芝居の中で生ききることである」という説を同じである。

わが稽古、いよいよ佳境に入る。なかなか面白い、かなり密な舞台になりそうである。そして誰ひとりとして足引っ張ることなく、緊張感もってやりきりたいものだ。

現在、集客状況もかなり混んできている。昼間の集客が7割超えている。相変わらず夜が弱いが。

Nさん、Mさん、頑張れ 相手のセリフはしっかりきこう、それとリアクション、的確なリアクションを自分で考え尽くして編み出そう。セリフは道具、その道具を磨こう


42回の閲覧

最新記事

すべて表示

わが家の客 作・喩栄軍

須永克彦氏の偲ぶ会の折に、案内されていた神戸学院大学グリーンフェスティバル公演に行ってきた。中国現代劇「2018年中国演劇ベストプレイに輝く喩栄軍の最新作と紹介の作品である。 中山文さん(神戸学院大の准教授)の翻訳により、伊藤茂(同大教授)が台本化した作品、中山さんはこの戯曲を最初読んだとき、何回も泣いたという。是非これを日本で上演したいと切に思ったと。 静かに幕開き、500人ほど入るホールに観客

葬儀の跡に花を咲かせたい

ブログ久しぶりに読んでみると、制作部長の乾宏昭がやたら好き放題なことを書いてる。まあ、的も得てるし許せる範囲だと思いながら、いささか物足りないので追加補修しておきたい。 宏昭は、かっての仕事仲間、よく気が付くし任せた仕事はなんとも最高に仕上げてくる。だから自分で仕事やってもおそらく高いレベルの仕事をする奴だと思う。 だいたいの人間は「これでいいですか?」とか「この先どうすればいいですか?」とか聞い