• 中川順平

いよいよ本番、間近


GW、新年号、令和(5月1日)儀式等もあり、11連休という休み、お蔭で中小企業や、人手不足な店は休まざるをえない状況、一部は大いにも盛り上がってるが、中小企業はこれで倒産会社もかなりでるのではと思うがなあ。

5月4日(土曜)、5日(日曜)は連日の稽古、いよいよ本番が近くなり、通し稽古も熱が入ってきた。

まだまだ粗いが、一応筋は通ってきたかなあと思える。しかし気を抜くとセリフが抜け落ち、中断となる。

今回の芝居は出ずっぱりでみんな気が抜けない、だから通しを何回もやらないと、自分の番がつかめない。

それと後半ややこしい言い回しなどが多く、特に山本と上岡は大変だあ。

本職が坊さんという中山さんの友人が昨日、立正寺の稽古を観に来た。なんと毎年観にきてくれていると。中山さんと同年、京都の綾部から。中でも一人はあの塩見三省さんの甥っ子が来た。昔東京時代に塩見さんと飲んだことがある。彼は3つほど上だったはずだあ。

その彼らが2場見て、ゲラゲラ笑っている。「いけるかなあ?」と一瞬思ったが、後で聞くと、ひとりの女性は極端にゲラなんだと。それにしても異常な笑いだったから、つい調子に乗ってしまった。

しかしいいもんだ、ストーリーは伝えられているのだと確信はもてたがな。

ただ、3場、4場になると、途端にセリフ忘れが発生する。もう平均年齢かなり高い劇団だけに、身体に披露が蓄積されてくると、脳の蓄積も薄くなり機能しないようだ。大丈夫かな、休憩なしの本番だけに。

まあ、BGM等が入ると雰囲気がでてくる。役者も乗る、もっと曲入れてほしいがなあ。

BGMや効果音も合う合わないがある。難しいところだあ。今までの「音」系はまあほとんど成功しているから、安心して演出に任せっぱなしだが、今年もなかなかいい。シリアスっぽいのがいい。あまり遊ばないし。

全体、なかなかいいかもよ。客も反応も良さそうになりそうな予感がする。

昨日は、途中経過中の軽い飲み会をやった。あとはチケット販売をいかに盛り上げるかだ。

みんな協力たのむよ。どんどん売ってな、とくに夜の部ね。(順平)


47回の閲覧

最新記事

すべて表示

わが家の客 作・喩栄軍

須永克彦氏の偲ぶ会の折に、案内されていた神戸学院大学グリーンフェスティバル公演に行ってきた。中国現代劇「2018年中国演劇ベストプレイに輝く喩栄軍の最新作と紹介の作品である。 中山文さん(神戸学院大の准教授)の翻訳により、伊藤茂(同大教授)が台本化した作品、中山さんはこの戯曲を最初読んだとき、何回も泣いたという。是非これを日本で上演したいと切に思ったと。 静かに幕開き、500人ほど入るホールに観客

葬儀の跡に花を咲かせたい

ブログ久しぶりに読んでみると、制作部長の乾宏昭がやたら好き放題なことを書いてる。まあ、的も得てるし許せる範囲だと思いながら、いささか物足りないので追加補修しておきたい。 宏昭は、かっての仕事仲間、よく気が付くし任せた仕事はなんとも最高に仕上げてくる。だから自分で仕事やってもおそらく高いレベルの仕事をする奴だと思う。 だいたいの人間は「これでいいですか?」とか「この先どうすればいいですか?」とか聞い