• 中川順平

そして、「俳優のノート」もそろそろ…


そしてこの本、「俳優のノート」も山崎演じる「リア王」の稽古も終わり、いよいよ本番を迎えるところ。我々と同じだ。その所の心境を山崎はこのように記している。

いよいよ明日は初日だ。恐怖は、ある。明日は上がるかな、上がらないかな。昔は初日むちゃくちゃに上がったものだ。最近は全く上がらない。適度の緊張という程度で気持ち良くすっと舞台に出ていける。

成功したいか?したい。ならば覚悟しろ。大成功したければ大失敗も覚悟しろ。

あすはリアに身体を貸すのだ。   (なんとも素晴らしい表現だあ。順平)

そして初日が終わった日の記録には、こう書かれている。

やれやれ、本当にやれやれだ。我々俳優の頭の隅にはいつも初日の恐怖がある。役を貰った時からだ。役作りが楽しくて舞い上がっているときも、稽古がうまくいかず落ち込んでいるときも、いつも頭の隅に初日の恐怖がある。そしていま、とにもかくにもその初日が終わったのだ。

その達成感、何も考えられない、自分だけの世界に浸っている山崎の心境がわかる。経験はないが、そういうものなんだろうとうらやましくなる。

自分もその世界に近づきたい、いつか、と思う。

なんか緊張してきた、昨年のディアマイパパにもない緊張感が支配している。怖い。稽古不足の怖さでなく、役に身体を貸してやれるのか、という不安である。

昨日、演出に「あのセリフ、どうも当り前すぎる、こうしたい、こう表現したい、いいですか?」と未だに放浪、徘徊している自分がいる。

いよいよだ。今日メールで7名の予約が入っていた。

制作の宏昭から、速報メールが入った。今チケットの申し込みが、昼公演(マチネ)の4回はほぼ満員、夜の出足が7~8割だと。夜、やはりそういう時代に入ってきたのだと痛感する。我々の若い時には、芝居は夜観るものだと思っていたが。 (順平)


59回の閲覧

最新記事

すべて表示

わが家の客 作・喩栄軍

須永克彦氏の偲ぶ会の折に、案内されていた神戸学院大学グリーンフェスティバル公演に行ってきた。中国現代劇「2018年中国演劇ベストプレイに輝く喩栄軍の最新作と紹介の作品である。 中山文さん(神戸学院大の准教授)の翻訳により、伊藤茂(同大教授)が台本化した作品、中山さんはこの戯曲を最初読んだとき、何回も泣いたという。是非これを日本で上演したいと切に思ったと。 静かに幕開き、500人ほど入るホールに観客

葬儀の跡に花を咲かせたい

ブログ久しぶりに読んでみると、制作部長の乾宏昭がやたら好き放題なことを書いてる。まあ、的も得てるし許せる範囲だと思いながら、いささか物足りないので追加補修しておきたい。 宏昭は、かっての仕事仲間、よく気が付くし任せた仕事はなんとも最高に仕上げてくる。だから自分で仕事やってもおそらく高いレベルの仕事をする奴だと思う。 だいたいの人間は「これでいいですか?」とか「この先どうすればいいですか?」とか聞い