• 中川順平

第1回 須永克彦さんを偲ぶ会(2019・11・22)


昨日、「須永克彦さんを偲ぶ会」が元町のホテルで開催されました。総勢、100名近くの方が参集され、にぎやかなパーティーのような会が催されました。須永さんが湿っぽい会など大嫌いということで飲みながらわいわいとご生前の多くのエピソードを、参加者全員がひとことづつ添えた、なんとも愛ある忍ぶ会でした。

特に、須永さんは多くの演劇人を育ててこられてきたこと、それも主義をこえ、セクトを越え、老若をこえエリアをこえて接し、多くの影響を与えたこと。

それが道化座という狭い劇団にとどまることなく、兵庫県劇団協議会をつくり、県の演劇界をけん引したこと、なんともスケール大きな方だと改め感動、道化座に若い時学んだことを今更ながら納得し、有り難くおもったことはなかったのでした。

この日、過去の人の話では夏目俊二、阿木五郎、みんな道化座をつくり育てたひとばかりですが、この日参加の劇団の代表がなんらかに繋がってることを思えば、この1950年に設立した(東京の劇団民芸より古い設立)道化座を今日まで守り育てたことの意義、意味を深く感じた。

劇団四紀会、劇団どろ、劇団風斜、劇団自由人会、劇団ボレロ等の代表がみんな出席、その影響の大きさをしりあmした。

代表の馬場晶子さん、最後の言葉にその覚悟の重さを語っておりました。

足かけ、6年ほどお世話になった道化座、幾分かでも恩返しができればと思っております。(順平)


44回の閲覧

最新記事

すべて表示

昨日の稽古報告

のところ、家族のご不孝、ご自身の病気(風邪、腰痛など)で、稽古がなかなか揃ってできず、代役人の稽古が続く、演出も忸怩たる思いで、来ているメンバーだけがより深く稽古できるシーンを、繰り返しやる。まあ、これも必要なことで、過去の稽古でもここまで密にできたこともなかったような気がする。 ただ気を付けないといけないのが、稽古できてる人と欠席でできていない人に差が生じて、後(うしろ)に引っ張られることだ。す

役者ほど素敵な商売はない(2)

読み終えた、市村正親のこのタイトルの本を。中でも本にアンダーラインを引いたところを紹介しよう。おそらく役者をしている人が、疑問に思ってることやどうしたらいいか分からないままのことなんかの回答になれば幸い。 芝居はすべて〝見る”ことから始まっていると思う。役者は目と目でものが言える。目と目で支え合える。やっぱり“見る”ことは、とても大切なんだよね。…実感する言葉だあ。 あえて役者が力を半分におさえて

「役者ほど素敵な商売はない」市村正親…新潮社刊

昨日の朝日新聞朝刊にこのタイトルの著書紹介が載っていた。私の会社の1階に 「柳泉書房」(元三宮にあった。店主の祖父が立上げ神戸でも有名な書店、垂水に移ってきたのが昨年。以来懇意にさせてもらっている)がある。店主に「今日新聞で見た、このタイトル入ってる?」に即答で、「電話あるかと思い用意してあります」と。 カバーをつけてもらい、秘かに読みだした。私のクセで本にアンダーラインを引いていく、昨日は板宿で