• 中川順平

森繁コレクション(序)より


今日、六十数歳になって、役者は技巧だけではどうにもならないと悟らされた。役者はその人物がもち魅力が第一で、それを役者の華というのだろう。つまりは役の人物と本人とをまぜ合せてお客の心に生きるようにならねば、人は銭を払ってみにきてくれないことを知った。

役者はピンとキリを知っていれば、真中は誰でもできます。

この商売(役者稼業)は、本質的に人間を未完のまま終わらせる仕事のように思えてならない。

役者の舞台は瞬間を生きるもので、私はこれを燃焼芸術と呼んでいる。

そのはかなさと、その時の流れに芸術する精神と肉体の芸術性とするなら、これら一切の過去はないとみていい。

◆このコレクション(自伝)は630ページの本だが「序」の22ページの中にはやこれだけの説得力のある文が認められている。

これからが楽しみだ。(順)

さあ、「キッスだけでいいよ」本読みに板宿に向おう。深く読もう、回りへの配慮を考えながら、

一番適切なセリフが適確に選べるように、神経はって読もう、そして役を生きよう。


21回の閲覧

最新記事

すべて表示

昨日の稽古報告

のところ、家族のご不孝、ご自身の病気(風邪、腰痛など)で、稽古がなかなか揃ってできず、代役人の稽古が続く、演出も忸怩たる思いで、来ているメンバーだけがより深く稽古できるシーンを、繰り返しやる。まあ、これも必要なことで、過去の稽古でもここまで密にできたこともなかったような気がする。 ただ気を付けないといけないのが、稽古できてる人と欠席でできていない人に差が生じて、後(うしろ)に引っ張られることだ。す

役者ほど素敵な商売はない(2)

読み終えた、市村正親のこのタイトルの本を。中でも本にアンダーラインを引いたところを紹介しよう。おそらく役者をしている人が、疑問に思ってることやどうしたらいいか分からないままのことなんかの回答になれば幸い。 芝居はすべて〝見る”ことから始まっていると思う。役者は目と目でものが言える。目と目で支え合える。やっぱり“見る”ことは、とても大切なんだよね。…実感する言葉だあ。 あえて役者が力を半分におさえて

「役者ほど素敵な商売はない」市村正親…新潮社刊

昨日の朝日新聞朝刊にこのタイトルの著書紹介が載っていた。私の会社の1階に 「柳泉書房」(元三宮にあった。店主の祖父が立上げ神戸でも有名な書店、垂水に移ってきたのが昨年。以来懇意にさせてもらっている)がある。店主に「今日新聞で見た、このタイトル入ってる?」に即答で、「電話あるかと思い用意してあります」と。 カバーをつけてもらい、秘かに読みだした。私のクセで本にアンダーラインを引いていく、昨日は板宿で