2018・秋冬

October 1, 2018

台風一家のごとき台風一過の朝10月1日、24号が日本横断してまたフィリッピン沖に台風25号が来ていると。それも24号のあとを追いかけるように…の報、ええかげんにしてよと思うが、台風さんが悪いわけじゃないし。こういうとき知ったかぶりして「もう地球が温暖化でおかしいのよ、この先もまだまだ天災は起るよ」という人がいる。そりゃどうだか?

 

付き合いの多い、飲食店やグルメ店、「6月の大阪の震災、7月の長雨と大雨、8月猛暑と極暑、後半の台風、9月の台風、それも一家で…」となるとお客さんもひどいところは半分(昨年比)、ほとんどが3割減、まだ続くかも。ある舞子のホテル、BBQで夏は連日満員、予約がとれないという過去の人気が今年はさっぱり、それもすべてこの天災のためにキャンセル相次ぐ始末。

 

先日、西宮のふぉるむ公演、土曜日台風の影響受けた、でも前日客は超満員、??、来るんやあ。

道化座の兵庫県芸術文化センター、「通天閣」2回平日公演、1000人超えてきていた。ええ、来るんやなあ、流石老舗劇団、客掴んでるなあと。

姫路の「二十一世紀少年少女…」初日に観劇、この日は超満員だったように見えたが、翌日は7割がたとか、でも面白かった。客が沸いていた。それに役者が魅力的だった。なかなかいい芝居、姫路のもつ宿命的なテーマ、戦争が色濃くでていた。チョンさんの得意分野「焼肉ドラゴン」彷彿とした…

 

このあと、いよいよ話題の劇団神戸「おかしなふたり」女性版が風月で11月16日~、うちの劇団の小森ちゃんが客演で、前田いとこさんら知ってる役者がいっぱいでる、楽しみである。この芝居は面白い。

また劇団道化座も「日向家の5人姉妹」(作:壺井栄)も12月にアトリエ公演がある。私もちょっとでるが…。

そうか、井之上くんの演出で大阪五期会の芝居も12月、観にいくつもり。

またほかの神戸の劇団もこの秋は目白押しだが、あまり案内と広報が少ないのでいつやるのか、よくわからん。

せめて神戸の劇団の公演スケジュールなどをまとめてHPに載せてくれると行きたいのだが…客を動員することにもっと熱心になる必要があるなあ。

身内ばかりで舐めあいするよりは…。それにもっと激しい議論する場がいるなあ。

おもしろくなければやはり「金返せ!!」と言いたくなってきたなあ。

 

テレビ大阪の田中社長と9月19日にインタビュー、芝居の話、最後に話題の「カメラをとめるな」の映画の話。そこで「あの映画のように、素人の役者ばかりであれだけの映画ができる。テレビや映画界も、東京のタレントや名の売れてる俳優ばかり使わないで、関西の役者、それもいっぱいいるので、関西でオーディションやって、もっと関西のドラマを作ってほしい。芝居やってる人は望んでいる。是非お願いしたい」と後輩に頼んだ。

「実は私もそれを思わないこともない」という意見だった。結果わからないが…

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload