大西衛一氏 神戸市文化功労賞受賞の報

October 7, 2018

さっき、某筋から平成30年度神戸市文化功労賞に劇団四紀会の大西衛一さんが選ばれたとの報が入った。神戸市演劇界にも喜ばしいことだし、また多くの芝居関係者にも励みにもなる。私は個人的にも懇意にしていただいてる方だけに、心より嬉しい。

先日も、劇団道化座の「通天閣」の舞台、兵庫県芸術文化センターにもご一緒させていただいた。過去いろいろと舞台共演もあり、勉強させていただいてる大先輩。四紀会は聞けば劇団道化座4期生が創った劇団、当時から参加し役者歴ももう半世紀を超えたベテラン俳優、お酒と人が好きで、女性も好きで飄々としていていつもニコニコと接してくれ、いろんな役を難なくこなす、器用な役者ではまるとそりゃ見事な演技、あの井上ひさしの「父と暮らせば」のお父さん役なんかは、まさに当たり役で感動ものであった。東京でいえば名バイプレーヤーの笹野さんみたい、もしくは昭和に多くいた喜劇役者のような風貌、後輩指導にも力いれ、多くの俳優が彼を慕っている。またあちこちの劇団からも声がかかり、気楽に出演される人気の俳優さん。あまりごちゃごちゃと言わない、大好きな役者さんである。

昨年、長年連れ添った演劇同志の奥さんを不幸にも亡くされ、一時消沈の日々、最近は少し元気になられにこにこと接してる大西さんを見ることもあり安心していたのだった、そしてこの吉報、何よりうれしい。

今度9月25日、ゴルフも一緒させていただく。こりゃお祝いにハンディ差し上げないかんなあ、

劇団ぷらっとを代表し、こころよりお祝い申し上げます。またうちにも是非出演お願いしますよ、あっ、ギャラがこれで高くなったかあ、制作の乾くんあたりが、「また順平さん、勝手な話進めてえ!」と怒るかもしれんなあ。(順平)

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload