あの役者、素人?これに金払うの?

March 13, 2019

以前、制作の宏昭がブログで言ったように「役者が混載なんですね」ではいけないと俺は思う。

 

この作品、15人の役者がレベルも揃って、貫通しないとやはり有料の芝居といえない。

ボランティアだといいが、有料だけに足引っ張ってしまうのはありえない。

 

「今回、新人がでてるんですよ」とか

 

「まだ舞台経験薄いのでえ」とか

「あまり稽古できてないんですよ」とかの言い訳は有り得ない。

再度、各人が自分の役を期待以上に仕上げてこないと、

いつまでも「新人です…」

「仕事で稽古あまりできなくて…」

なんてエクスキューズは止めてくれ。

 

3000円もらう覚悟できてますか?

そんなこと、他の劇団ならいざ知らず、うちの劇団では有り得ない。

 

「あの役者、素人?」…言われても仕方ないではいけないのです。

舞台経験豊富だから…ではいけないのです。

役をしっかり演じてくれないといけないのです。

自分の独りよがりで、これでいいのではいけないのです。

それぞれが役に工夫があり、役になりきり、オリジナルな表現をもってしてやならいと、

以前と同じでワンパターンな演技の羅列ではいけないのです。

前の役と同じやん、ではいかんのです。

 

だから「金返せ!」と言われるんです。

 

自分がこれをいうというのは、自分にも今も覚えがあるから自戒を込めて言っています。

 

わからなければ、客観的に芝居を組み立てている、演出に聞く、

相手役に聞く、

見ている人に聞きまくる、

ちょっと経験があるだけで、

さほど的確な演技でないまま、

お茶濁している演技、役者、

 

再度再考です。

自分を棚卸しましょう。

 

自分に甘えて、いつもエクスキューズするのは止めましょう!!

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload