朝、書いた、すると昼に、「上手すぎ!「なつぞら」ヒロイン子役…」…とmsn ニュースに

April 4, 2019

昼のニュースに、早速でている、なんとも。

 

上手すぎ!「なつぞら」ヒロイン子役の演技に絶賛相次ぐ

 

私は書いた、子役の演技の素晴らしさを、日本中が泣いたと。

すると追加でネットニュースで下記のように。まさか私のブログ読んだわけじゃないだろうに(笑)。でもなんか気分が良かった、目が狂ってなかったのだあ。

 

 (ニュース記事)粟野(その話題の子役)は2010年6月生まれの8歳。芦田愛菜や寺田心が在籍する芸能事務所ジョビィキッズに所属している。NHKの朝ドラ出演は2回目で、2016年度下半期の「べっぴんさん」にはヒロイン・坂東すみれ(芳根京子)の長女で4歳時のさくら役を務めた。映画には、2017年公開の『DESTINY 鎌倉ものがたり』に本田夫妻(堤真一、市川実日子)の娘・浩子役で出演している。

 そんな粟野が「なつぞら」で演じているのは、広瀬すずふんするヒロイン・奥原なつの子供時代。4月1日に始まったばかりで、まだ4話分の放送のみだが、「凄く演技が上手」「なっちゃんの涙につられて朝から泣く」などとインターネット上には粟野の演技を絶賛する書き込みが相次いでいる。

 なつは戦災孤児で、酪農一家・柴田家の婿養子である剛男(藤木直人)に連れられ、北海道・十勝へ。兄妹と別れ一人、慣れない土地ながら境遇にめげず、ひたむきに生きるなつの姿を粟野が表現し、視聴者を感動させている。

 3月に行われた第1週完成試写会では、広瀬が「幼少期のなっちゃんを演じた咲莉ちゃんに誰よりも感情移入し、家で号泣。翌日メイクさんに目が腫れているねと言われた」と自身も粟野の演技に魅了されていることを明かしていた。(清水一)

 

しかし、私が子役で絶賛したのが芦田愛菜ちゃん以来かなあ。あの愛菜ちゃんのセリフ「ママ、私を誘拐してえ」とママ役の松雪さんに電話でいうのである。その瞬間に所構わず、50歳ぐらいだった私は号泣し、家内に唖然とされたものだった。翌日、会社で「すごい子役見つけたよ」と行っても、社員はあまり関心しめさなかったが。

後の彼女の活躍みていると、その育ち、育て方なのだろうなあと思う。元不良だったのが出て一世を風靡する、人気のタレントになったが続かない、その背景には人に好かれる、人を忖度する力や何気に発する言葉や動き、そういうものがその人そのものを作っているのだと思うなあ。

 

ある広告に「人間は食べ物でできている」というのがあったが、普段ラーメンばっかり食ってるようなのが、間違ってフレンチ喰っても似合わないのだということか。もしくはそれは本人の責任でもないかもしれないが、その後、その人間が気づいて努力するかどうかにあるのだろうと思う。

 

芝居って深い、だから面白いのだあ。( J )

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload